八ヶ岳野辺山高原
高原野菜と酪農・観光の村

ロタウイルス定期接種化のお知らせ

◆令和2年10月1日から定期接種となりました。

ロタウイルスとは

ロタウイルスによって引き起こされる急性の胃腸炎で、乳幼児期(0~6歳ころ)にかかりやすい病気です。ロタウイルスは感染力が強く、ごくわずかなウイルスが体内に入るだけで感染してしまいます。乳幼児は、激しい症状が出ることが多く、特に初めて感染したときに症状が強く出ます。

主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛です。脱水症状がひどくなると点滴が必要となることや入院が必要になることがあります。

接種期間

1. 対 象 者

令和2年8月1日以後に生まれた、下記のお子さん

1価ワクチン(ロタリックス)を使用する場合:生後6週~24週までの間にあるお子さん

5価ワクチン(ロタテック)を使用する場合:生後6週~32週までの間にあるお子さん

2.標準的接種期間・回数

※ロタウイルスワクチンは2種類あります。接種するワクチンよって接種回数・接種期間が異なるため、下記を参考にしてください。

※1価・5価ともに1回目の接種は必ず生後2月から14週6日までに受けてください

【1価:ロタリックスを使用する場合】

接種回数:2回経口接種

1回目:生後2月~14週6日までに接種

2回目:1回目接種後、27日以上あけて生後24週までに接種

【5価:ロタテックを使用する場合】

接種回数:3回経口接種

1回目:生後2月~14週6日までに接種

2回目:1回目接種後、27日以上あけて接種

3回目:2回目接種後、27日以上あけて生後32週までに接種

3.留意事項

月齢が進むと、腸重積にかかりやすくなります。できるだけ腸重積の起こりにくい早めの時期に接種を受けましょう。

このページに関するお問い合わせ

住民課0267-96-2211(代表)

その他のメニュー

mmmロゴダウンロード