八ヶ岳野辺山高原
高原野菜と酪農・観光の村

写真:小海線佐久広瀬駅

小児の肺炎球菌感染症

小児肺炎球菌感染症とは

肺炎球菌は、細菌による子どもの感染症の二大原因のひとつです。この菌は子どもの多くが鼻の奥に保菌していて、ときに細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎、副鼻腔炎、中耳炎といった病気をおこします。

接種期間

対象者 生後2ヶ月から生後60ヶ月(5歳)に至るまでの間にあるお子さん
標準的接種期間

〈初回接種〉生後2ヶ月から生後7ヶ月に至るまで

〈追加接種〉生後12ヶ月から生後13ヶ月に至るまで

 

〔初回接種開始時に2ヶ月から7ヶ月〕

初回接種 生後24ヶ月(2歳)に至るまでの間に、27日以上。ただし、2回目の接種が生後12ヶ月を超えた場合、3回目の接種は行わない。
追加接種 初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、生後12ヶ月に至った日以降において、1回。
接種回数 初回3回、追加1回

〔初回接種開始時に7ヶ月から12ヶ月〕

初回接種 生後24ヶ月(2歳)に至るまでの間に、27日以上
追加接種 初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、生後12ヶ月にいたった日以降において、1回。
接種回数 初回2回、追加1回

〔初回接種開始時に12ヶ月から24ヶ月〕

  60日以上間隔をあける。
接種回数 2回

〔初回接種開始時に24ヶ月から60ヶ月〕

接種回数 1回

このページに関するお問い合わせ

住民課0267-96-2211(代表)

その他のメニュー

mmmロゴダウンロード