八ヶ岳野辺山高原
高原野菜と酪農・観光の村

写真:小海線佐久広瀬駅

麻しん風しん(MR)

麻しんとは

麻しんウイルスの空気感染によって起こります。感染力が強く、予防接種を受けないと、多くの人がかかる病気です。発熱、せき、鼻水、めやに、発疹を主症状とします。最初3から4日間は38℃前後の熱で、一時おさまりかけたと思うと、また39から40℃の高熱と発疹がでます。高熱は3から4日で解熱し、次第に発疹も消失します。しばらく色素沈着が残ります。

風しんとは

風しんウイルスの飛沫感染によって起こります。潜伏期間は2から3週間です。軽い風症状ではじまり、発疹・発熱・後頭部リンパ節腫脹などが主症状です。そのほか、眼球結膜の充血も見られます。大人になってかかると重症になります。

妊婦が妊娠早期にかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる病気になり、心臓病、白内障、聴力障害などの障害を持った児が生まれる可能性が高くなります。        

接種期間

■第1期

対象者 生後12ヶ月(1歳)から生後24ヶ月(2歳)に至るまでの間にあるお子さん
接種回数 1回接種

■第2期

対象者 5歳以上7歳未満のお子さんで、小学校就学前の1年間(保育園などの年長児)
接種回数 1回接種

このページに関するお問い合わせ

住民課0267-96-2211(代表)

その他のメニュー

mmmロゴダウンロード