八ヶ岳野辺山高原
高原野菜と酪農・観光の村

写真:小海線佐久広瀬駅

ジフテリア・百日せき・破傷風・急性灰白髄炎(ポリオ)

ジフテリアとは

ジフテリア菌の飛沫感染で起こります。ジフテリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけで、残りの人は症状が出ない保菌者となり、その人を通じて感染することもあります。感染は主にのどですが、鼻にも感染します。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで、偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2~3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺を起すことがあるため注意が必要です。

百日せきとは

百日せきの飛沫感染で起こります。百日せきワクチンの接種がはじまって以来、患者数が減少してきています。普通のかぜのような症状ではじまり、続いてせきがひどくなり、顔を真っ赤にして連続的にせき込むようになります。せきのあと急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。熱は通常出ません。乳幼児はせきで呼吸できず、くちびるが青くなったり(チアノーゼ)けいれんがおきるあるいは突然呼吸がとまってしまうことなどがあります。肺炎や脳症などの重い合併症を起こしやすく、新生児や乳児では命を落とすこともあります。

破傷風とは

破傷風菌はヒトからヒトへ感染するのではなく、土の中にいる菌が、傷口からヒトの体内に入ることによって感染します。菌が体の中で増えると、菌の出す毒素のために、筋肉の強直性けいれんを起こします。最初は口が開かなくなるなどの症状が気づかれ、やがて全身の強直性けいれんを起こすようになり、治療が遅れると死に至ることもある病気です。

急性灰白髄炎(ポリオ)とは

ポリオは「小児まひ」と呼ばれ、わが国でも1960年代前半までは流行を繰り返していました。口から入ったポリオウイルスは咽頭や小腸の細胞で増殖します。小腸の細胞ではウイルスは4から35日間増殖すると言われています。増殖したウイルスは便中に排泄され、再びヒトの口に入り抵抗力(免疫)をもっていないヒトの腸内で増殖し、ヒトからヒトへ感染します。ポリオウイルスに感染しても、ほとんどの場合は症状が出ず、一生抵抗力が得られます。症状が出る場合、ウイルスが血液を介して脳・脊髄へ感染が広まり、麻痺をおこすことがあります。

四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・急性灰白髄炎)

接種期間

■1期初回

対象者 生後3ヶ月から生後90ヶ月に至るまでの間にあるお子さん
標準的接種期間 生後3ヶ月から12ヶ月に達するまでの期間
接種回数 20日から56日までの間隔をおいて3回接種

■1期追加

対象者 生後3ヶ月から生後90ヶ月に至るまでの間にあるお子さん
標準的接種期間 第1期初回接種(3回)終了後12ヶ月から18ヶ月(1歳6ヶ月)までの間隔をおく
接種回数 1回接種

■2期(二種混合)

対象者 11歳以上13歳未満のお子さん
標準的接種期間 11歳に達した時から12歳に達するまでの期間
接種回数 1回接種

三種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風)

接種期間

■1期初回

対象者 生後3ヶ月から生後90ヶ月に至るまでの間にあるお子さん
標準的接種期間 生後3ヶ月から12ヶ月に達するまでの期間
接種回数 20日から56日までの間隔をおいて3回接種

■1期追加

対象者 生後3ヶ月から生後90ヶ月に至るまでの間にあるお子さん
標準的接種期間 第1期初回接種(3回)終了後12ヶ月から18ヶ月(1歳6ヶ月)までの間隔をおく
接種回数 1回接種

■2期(二種混合)

対象者 11歳以上13歳未満のお子さん
標準的接種期間 11歳に達した時から12歳に達するまでの期間
接種回数 1回接種

不活化ポリオ

接種期間

■1期初回

対象者 生後3ヶ月から生後90ヶ月に至るまでの間にあるお子さん
標準的接種期間 生後3ヶ月から12ヶ月に達するまでの期間
接種回数 20日から56日までの間隔をおいて3回接種

■1期追加

対象者 生後3ヶ月から生後90ヶ月に至るまでの間にあるお子さん
標準的接種期間 第1期初回接種(3回)終了後12ヶ月から18ヶ月(1歳6ヶ月)までの間隔をおく
接種回数 1回接種

*平成24年9月1日より前に経口生ポリオワクチンを1回接種したものについては、平成24年9月1日以降は、不活化ポリオワクチンの初回接種を1回受けたものとみなす。

なお、平成24年9月1日より前に経口生ポリオワクチンを2回接種したものは、不活化ポリオワクチンの接種を受ける必要はない。

このページに関するお問い合わせ

住民課0267-96-2211(代表)

その他のメニュー

mmmロゴダウンロード