八ヶ岳野辺山高原
高原野菜と酪農・観光の村

新型コロナウイルス発生に伴う村税の徴収猶予について

新型コロナウイルス発生に伴う村税の徴収猶予について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、地方税(村税)を納期限内に納税することが困難な方等を対象とした徴収猶予の特例制度が創設されました。

徴収猶予の「特例制度」 

新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、以下の1、2の要件いずれにも該当する場合に1年間、村税の徴収の猶予を受けることができるようになります。
担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。該当される方は総務課税務係にご相談ください。

 

「新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ(リーフレット)」

 

  1. 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
  2. 一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。

徴収猶予が認められると

  1.  原則、一年間猶予が認められます。(分割納付は必要ありませんが猶予期間中に事業や収入の状況に応じ、ご自身の計画で納付が必要となります。)
  2. 猶予期間中の延滞金の全てが免除されます。
  3. 財産の差押えや換価(売却)が猶予されます。

提出する書類

【提出先】〒384-1302 長野県南佐久郡南牧村大字海ノ口1051 南牧村役場総務課税務係

提出期限

申請を受ける村税の納期限までにご提出ください。納期限までに提出が困難な場合は必ずご連絡ください。

その他

新型コロナウイルスに伴う徴収猶予の特例制度に該当しない場合でも、既存制度の納税猶予制度に該当する場合がありますので、ご相談ください。

 

納税の猶予(既存の制度)

 徴収猶予

以下のような理由により、村税を一時に納付することができないときに、申請することで、納税が猶予される場合があります。(リーフレット)
ただし、猶予期間は、原則として1年以内で、審査があります。

 

  1. 財産について相当の損失を受けた場合
  2. 納税者またはその生計を一にする親族などが病気にかかった場合
  3. 事業を廃止し、または休止した場合
  4. 事業について著しい損失を受けた場合

徴収猶予が認められると

  1.  原則、一年間猶予が認められます。(猶予期間中に事業や収入の状況に応じ分割納付が必要となります。)
  2.  猶予期間中の延滞金の全部または一部が免除されます。
  3.  財産の差押えや換価(売却)が猶予されます。

提出する書類

  • 徴収猶予申請書
  • 財産収支状況書
  • 担保の提供に関する書類(担保の提供が必要な場合)
  • 災害などの事実を証する書類

様式(既存用)

提出先】 〒384-1302 長野県南佐久郡南牧村大字海ノ口1051 南牧村役場総務課税務係

【提出期限】猶予を受けようとする村税の納期限の6か月以内

その他

申請していただいた場合でも、却下となり猶予が認められない場合があります。
申請が承認された場合でも、猶予期間中に猶予の取消事由に該当したときは、猶予が取消となる場合があります。

例)
・分納計画のとおりの納付又は納入がないとき
・猶予を受けている村税以外に新たに納付又は納入すべきこととなった村税が滞納となったとき
・偽りその他不正な手段により猶予又は猶予期間の延長申請がされたことが判明したとき
・財産の状況その他事情の変化により猶予を継続することが適当でないと認められるとき

このページに関するお問い合わせ

総務課0267-96-2211(代表)

その他のメニュー

mmmロゴダウンロード