八ヶ岳野辺山高原
高原野菜と酪農・観光の村

伐採及び伐採後の造林の届出(森林法第10条の8)

森林の立木を伐採するためには、事前に届出が必要です。

届出を必要とする森林

森林法第5条(地域森林計画)で規定されていて、保安林や保安施設地区の区域内に含まれる森林(別に手続きが必要)以外の森林において、森林の立木を伐採する場合には届出が必要となります。

届出者

森林所有者が自ら、あるいは他者に請け負わせて伐採する場合は、森林所有者が届け出ます。

また、伐採する者(立木を買い受けて伐採する者等)と伐採後の造林をする者(森林所有者)が異なる場合は、連名で届け出ます。

※請負者が届出を提出する場合、委任状(自筆または押印)が必要です。

届出書類・届出時期

〈伐採前〉

伐採及び伐採後の造林の届出(様式①~③)・伐採を行う90~30日前

 

〈伐採後〉

伐採に係る森林の状況報告書(様式④)・伐採が完了した日から30日以内

 

※伐採後の更新方法が「天然更新」である場合または伐採後に森林以外の用途へ転用する場合(森林面積1ha以下の林地の開発)は様式④の提出が必要です。なお、伐採の方法が間伐の場合は、様式④の提出は必要ありません。

 

〈造林後〉

伐採後の造林に係る森林の状況報告書(様式⑤)・造林が完了した日から30日以内

 

※伐採の方法が間伐の場合または伐採後に森林以外の用途へ転用する場合(森林面積1ha以下の林地の開発)は様式⑤の提出は必要ありません。

 

添付書類

伐採する場所等に応じて、以下の添付書類が必要になります。

 

  • 登記事項証明書
  • 立木の売買契約書、贈与契約書、遺産分割協議書や目録
  • 面積測量図、設計図書
  • 伐採及び集材に係る搬出計画図
  • その他必要と認める書類
添付書類や不明な点については、下記へお問い合わせください。

申請様式ダウンロード

このページに関するお問い合わせ

産業建設課0267-96-2211(代表)

その他のメニュー

mmmロゴダウンロード