八ヶ岳野辺山高原
高原野菜と酪農・観光の村

ツキノワグマ出没注意報を全県に発令します

先週末、県内において人身被害が2件発生し、また目撃件数が増加傾向となっていることから、県民の皆さんに改めて注意していただくため、「ツキノワグマ出没注意報」を発令します。

クマの出没注意報の発令期間

令和6年日()から31日()まで

区域

県内全域

県民の皆さまへのお願い

・山に入る時は、遭遇リスクを軽減させるため、クマ鈴等、大きな音の出るものを携行し、複数人で行動してください。

・クマの出没が確認されている場所には近づかないでください。

・農作物の畑地の周辺での電気柵設置、生ごみの適切な処理など、クマを誘引しない対策をお願いします。

クマと遭遇しないために

朝夕の行動は避ける

明け方と夕方はクマの活動が活発です。この時間帯は、山中に入らないようにしましょう。また、できるだけ単独行動はやめ、複数で声を掛け合いながら行動しましょう。

周囲の確認をする

山の中には、クマがいると思って行動しましょう。また、渓流釣りなどの場合は水の音でクマも人もお互いの気配を感じず接近してしまうことがあります。山中では周囲に十分気を付けましょう。

クマのいる場所に近づかない

山中はクマの生息地です。クマの足跡や糞を見つけたら、それ以上近づかずに引き返しましょう。

笛、ラジオ、鈴の携帯を

人の気配を感じたらクマは自ら避けて通ります。人の存在を知らせるために、鈴、ラジオ、クマ鈴など音の出る物を携帯するようにしましょう。

子クマを見たら立ち去る

小クマの近くには必ず母クマがいます。母クマは子クマを守るたに、人へ攻撃することがあります。子クマを見かけたら、そのままそっと立ち去りましょう。

犬は連れて行かない

人の気配を感じたクマは、身を隠して人をやり過ごそうとします。しかし、犬が一緒の場合には、犬に吠えられるなどして、人へ攻撃する場合があります。犬を連れて山中に入るのはやめましょう。

 

このページに関するお問い合わせ

産業建設課0267-96-2211(代表)

その他のメニュー

mmmロゴダウンロード