八ヶ岳野辺山高原
高原野菜と酪農・観光の村

子どもの予防接種

★「予防接種と子どもの健康」をお読みになってから、ワクチンの接種をお願いします。

予防接種とは

感染症の原因となるウイルスや細菌、または菌が作り出す毒素の力を弱めて予防接種液(ワクチン)をつくり、これを体に接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)を作ることを予防接種といいます。

 任意接種

任意の予防接種には、予防接種法に定められていないおたふくかぜ・ロタウイルス・インフルエンザなどがあり、かかりつけ医と相談するなどして、保護者の人の任意の判断により接種するかどうかを決めることになります。この場合の接種は、基本的に有料になります。
また、定期の予防接種の対象年齢や規定の回数をはずれて接種を受ける場合も任意の予防接種として有料になります。

 定期接種

定期の予防接種は、それぞれの予防接種ごとに対象年齢が定められていて、対象年齢内で規定の回数については無料で受けることができます。

(A類疾病)

接種方法・持ち物

接種医療機関

医療機関をご自身で選んで、1週間前に電話で予約し、個別に受けてください。

契約医療機関

予約方法

予防接種日

南牧村出張診療所
  (℡0267-96-2112)

1週間前までの月・水曜日
  13時~16時までに予約

月曜日

15時30分~16時30分

野辺山へき地診療所
  (℡0267-98-2875)

1週間前までの火・金曜日
  13時~16時までに予約

火曜日

15時30分~16時30分

小海分院
  (℡0267-92-2077)

1週間前までに予約

水曜日

14時~14時30分
  水・木曜日

16時~16時30分

どんぐりの森クリニック
  (℡0267-91-0225)

2日前までに予約

診療時間内で相談

持ち物
  • 予診票(あらかじめ記載して医療機関にお持ちください)
  • 母子健康手帳
  • 診察券
  • 保険証

 生ワクチンと不活化ワクチン

予防接種で使うワクチンには、生ワクチン、不活化ワクチンの2種類があります。

生ワクチン

生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、これを接種することによってその病気にかかった場合と同じような抵抗力(免疫)ができます。

注射生ワクチン:BCG、麻しん風しん混合ワクチン(MR)、水痘ワクチン、おたくふかぜワクチン

経口生ワクチン:ロタウイルスワクチン

 不活化ワクチン

細菌やウイルスを殺し抵抗力(免疫)をつくるのに必要な成分を取り出して毒性をなくして作ったものです。

 

百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合ワクチン(4種混合)、百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン(3種混合)、ジフテリア破傷風混合ワクチン(2種混合)、ポリオワクチン、日本脳炎ワクチン、Hibワクチン、小児の肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチン、季節性インフルエンザワクチン、ヒトパピローマウイルスワクチン

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔

令和2年10月1日より、定期予防接種実施要領が改正となり、異なるワクチン間の接種間隔が変更となりました。

従来

生ワクチン→接種日の翌日から起算して27日以上あけて接種

不活化ワクチン→接種日の翌日から起算して6日以上あけて接種

改正後

定期接種実施要領の改正に伴い、令和2年10月1日から、接種間隔の制限が一部緩和されることとなりました。今後は、注射生ワクチン間のみ接種してから27日以上あけることとし、その他のワクチンについては制限がなくなりました。

<従来通り>

(例)注射生ワクチン→注射生ワクチンを接種する場合の間隔

注射生ワクチン接種後27日以上の間隔をあけて注射生ワクチンを接種

<制限なしへ変更>

(例)経口生/不活化ワクチン→注射生/経口生/不活化ワクチンを接種する場合

翌日からの接種可能

(例)注射生ワクチン→経口生/不活化ワクチンを接種する場合

翌日からの接種可能

※翌日の接種可能ですが、発熱や接種部位の腫れがないことを確認し、体調のよいときに接種してください。

 

注意

あくまでも異なるワクチン間の接種間隔についてですので、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合の接種間隔の制限は従来どおりとなりますのでご注意ください。

(例)同じ種類の接種間隔:B型肝炎→B型肝炎を接種する場合

27日以上あけて接種

注意事項

予防接種を受けることができない場合

  • 明らかな発熱(37.5℃以上)をしているお子さん
  • 重症な急性疾患にかかっていることが明らかなお子さん
  • ワクチン成分で、アナフィラキシー(通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応)を起こしたことがあることが明らかなお子さん
  • BCG接種の場合、外傷などによるケロイドが認められるお子さん
  • その他、医師が不適当な状態と判断した場合

予防接種を受けた後の注意事項

  • 予防接種を受けた後30分間程度は、医療機関(施設)でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。
  • 接種後、生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。
  • 接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は差し支えありませんが、接種部位をこすることはやめましょう。
  • 当日は、はげしい運動は避けましょう。
  • 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。

副反応が起こった場合

通常みられる反応

ワクチンの種類によっても異なりますが、発熱、接種局所の発赤・はれ、しこり、発疹などが比較的高い頻度で認められます。通常、数日以内に自然に改善します。

重い副反応

予防接種を受けたあと、接種局所のひどいはれ、高熱、ひきつけなどの症状があったら、医師の診察を受けてください。お子さんの症状が予防接種後副反応報告基準に該当する場合は、医師から厚生労働省へ副反応の報告が行われます。

ワクチンの種類によっては、極めてまれ(百万から数百万人に1人程度)に脳炎や神経障害などの重い副反応が生じることがあります。このような場合に厚生労働大臣が予防接種法に基づく定期の予防接種によるものと認定したときは、予防接種法に基づく健康被害救済の給付の対象となります。

紛れ込み反応

予防接種を受けたしばらく後に、何らかの症状が出現すれば、予防接種が原因ではないかと疑われることがあります。しかし、たまたま同じ時期に発症した他の感染症などが原因であることが明らかになることもあります。

このページに関するお問い合わせ

住民課0267-96-2211(代表)

その他のメニュー

mmmロゴダウンロード