八ヶ岳野辺山高原
高原野菜と酪農・観光の村

【5/7更新】村民及び滞在者の皆様へ(お願い)

本村では、4月17日に緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたことを受けて、県と連携協力して対策を強化し、感染拡大防止に全力を挙げて取り組んでまいりましたが、今般、緊急事態宣言の期間が5月31日まで延長されました。

現在、長野県における新規感染者数は限定的となっているものの、累計感染者数の約8割の感染経路が県外由来と推定されており、特定警戒都道府県等におけるまん延状況が収束していない現状から、依然として他県からの感染リスクが高い状況にあり、本村においても同様の状況にあると考えられます。

このことを踏まえ、5月31日(緊急事態宣言終了)までの間、県対策本部より示された次の取組について、村民及び滞在者の皆様に引き続きご協力をお願いするものです。

自らの身を守る、そして、大切な方の命を守るため、何卒ご理解とご協力をお願いします。

 

  • 5月15日までは、引き続き人との接触を8割減らすことを目標に、外出の自粛を要請します。また、5月16日から5月31日(緊急事態宣言終了)までの間は、「人との接触機会の最小化」、「人と人との距離の確保」、「人と会話する際のマスク着用」、「換気の徹底」などの感染防止策を徹底してください。
  • 県域をまたいで移動することは、生活の維持に必要な場合を除き、基本的には行わないでください。また、県外にお住まいの皆様におかれましても、観光、出張、不要不急の帰省など、県外から本県へお越しになることは自粛してください。
  • 県外に滞在していた方は、その翌日から14日間を経過するまで、健康観察を行っていただくとともに、通院や生活必需品等の買い出しなど必要な場合を除き、外出しないようにしてください。また、外出に際してはマスクを着用するなど、感染防止に十分留意してください。
  • これまで行ってきた基本的な感染防止策(3つの密を徹底的に避ける、手洗いや手指の消毒をこまめに行う、発熱等の風邪症状がある場合の外出自粛など)についても、引き続き徹底をしてください。
  • 患者・感染者、医療従事者や、感染拡大地域等に滞在していた方などへの、不当な差別や偏見、いじめ等が生じないよう、冷静な行動をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

総務課0267-96-2211(代表)

その他のメニュー

mmmロゴダウンロード