八ヶ岳野辺山高原
高原野菜と酪農・観光の村

写真:小海線佐久広瀬駅

水痘

◆平成26年10月1日から定期の予防接種になりました。

水痘とは

水痘は、水痘-帯状疱しんウイルスに初めて感染したときに見られる急性の感染症で、直接接触、飛沫あるいは空気感染によって広がる、最も感染力の強い感染症のひとつです。ひとたび感染すると一生、体の中に潜伏感染し、加齢や免疫抑制状態などで再活性化し、帯状疱しんを発症します。水痘の潜伏期は通常2週間程度です。特徴的な発疹が主症状でかゆみを伴います。発熱を伴うこともあります。発疹は最初は斑点状の赤い丘しんから始まり、その後3から4日は水疱(水ぶくれ)となり、最後はか皮(かさぶた)を残して治癒します。

発疹はおなかや背中、顔などに多い傾向がありますが、髪の毛に覆われた部分にも現れるのが特徴です。

接種期間

対象者 生後12ヶ月(1歳)から生後36ヶ月(3歳)に至るまでの間にあるお子さん
標準的接種期間

生後12ヶ月(1歳)から生後15ヶ月(1歳3ヶ月)に達するまでに1回接種し、

1回目接種終了後6ヶ月から12ヶ月(1歳)の間隔をおいて接種

接種回数

2回接種

 

このページに関するお問い合わせ

住民課0267-96-2211(代表)

その他のメニュー

mmmロゴダウンロード