八ヶ岳野辺山高原
高原野菜と酪農・観光の村

写真:八ヶ岳南沢

南牧村の歴史

旧石器時代から江戸時代

旧石器時代の狩りの様子

 野辺山の矢出川遺跡から出土された細石器によると、今から約1万3千年前、遥か太古の八ヶ岳山麓で鹿やナウマンゾウなどを獲物とした古代人達によりこの南牧村の歴史が始まりました。

尖頭器(矢出川遺跡出土)

 旧石器時代が終わる今から約1万年前、この地に土器をつくる人々が定住を始めました。縄文時代の始まりです。南牧村の縄文時代遺跡である“志なの入遺跡(人骨・土器等出土)”“中の沢遺跡(壷・耳飾等出土)”などから当時の生活環境を考えると、食物を煮炊きする生活で集団を作り共同で作業をしていたことが分かります。この時代が約8千年もの長い間続きました。 そして、今から約2千年前の弥生時代になると稲作が伝わりました。平地で湿地が多く、簡単に田のできる佐久平が稲作に適していたため、南牧村に住んでいた人達は佐久平に移住したと考えられています。 ただ、狩猟や木の実の採集のため、南牧に度々訪れていたことが、野辺山の二ツ山や三沢入口から出土した弥生土器から伺えます。

八ヶ岳の稲子岳が噴火して押出した泥流(888年)

 この状況が平安時代の中期頃まで続き、仁和4(888)年に八ヶ岳が突然、水蒸気爆発をおこし崩壊し、その泥流が現在の松原湖を作っただけでなく海尻と海ノ口の間に南牧湖という湖を発生させました。その後の平安時代末期に、最初は広瀬の平地に村の草分けの人々が住み着き集落を作り、そして南牧湖の水がなくなり干潟となった場所(海尻・海ノ口)や甲州と信州の要路に当たる平沢に人々が住み始めたとされています。

 鎌倉時代に入りその後、口分田制度が崩壊すると、私有地や管理する土地を沢山持つ者が治めるようになりました。これを荘園と呼び、この地は佐久の伴 野庄に属していたと言われています。その後伴野庄の伴野氏の勢力が衰え戦国時代に入ると、各地で領土争いの戦が相次ぎ、山城が多く造られました。現在、南牧村にある城址もこの頃のものです。

■海ノ口城址 ■海尻城址 ■広瀬城址 ■平沢城址

 特にこの地は甲斐の武田軍の信州攻略の入口であり、海ノ口城(城主平賀 源心)を落とした武田信玄初陣の話は有名です。これ以降農民は凶作と武田軍の物資運送の伝馬役に苦しめられ、逃亡者もかなり出たと伝わっています。このような百姓困苦の時代は戦乱の世が終わるまでしばらく続きました。

 農民を苦しめた戦乱の世が終わり江戸時代に入ると、戦乱を逃れていた農民は村に帰り、耕作を始めました。しかし農民の生活は決して楽なものではありませんでした。作物は粟・ひえ・そば・大根などで他に食用にするイクサを多く作って米などと交換していました。またこの時代はほとんどの家で馬を飼っており、農耕に使った他に荷物運びの運賃や子馬を売って現金を得ていました。そして江戸時代の南牧は五か村(海尻村・海ノ口村・広瀬村・板橋村・平沢村)に分かれており、各村それぞれ年貢を納めていました。現在の野辺山地区は当時板橋村に属しており、寒気厳しく早霜のため作物が実らず、一度は開墾に入った農民もやめてしまい、その跡地は荒れ果てていました。この地は冬になれば往来の旅人が吹雪にあって凍死するほどの場所でした。

 そこで貞亨3(1686)年、板橋村から2軒、平沢村から1軒の農家を移住させ茶屋3軒を建て往来旅人の救護をさせました。これが矢出原三軒屋の始まりです。

板橋村絵図(天保9年)

 高冷地という厳しい自然環境の中で、幾度もの凶作にあいながらも生き抜いてきた南牧五か村は、田畑の開墾も進んで生産も増加し、生活にもゆとりが出来た元禄年間(1688~1703年)頃から人口も増加しはじめ、そして明治に至るまでは家の増築なども行われるようになりました。

明治時代から昭和時代

明治

佐久甲州街道を走った門司さん(海尻)の乗合馬車

 明治7年廃藩置県により、それまで幕府の直轄地であった野辺山は、平沢・大明・広瀬・海ノ口の各村の一部となりました。大明村は、板橋と樋沢からなる馬産・蕎麦・炭焼き・木材搬出等を収入源とする山間の集落でした。明治22年には、上記の平沢村・大明村・広瀬村・海ノ口村に海尻村を加え最初の町村合併が行われ、現在の南牧村になりました。また、そのころ婦人会・青年団・農業協同組合などの団体がつくられました。交通では佐久甲州街道が県道となりました。明治中期には、アメリカから乳牛や優良な種馬を輸入し、牧場経営が試みられましたが、失敗に終わりました。その後、カラマツによる造林を試みましたが、困難を極めました。

1871年(明治4年)

長野県が岩村田に佐久支庁を置く

1874年(明治7年)

海尻に大月学校、海ノ口に敦文学校ができる

 

海ノ口局(郵便局)の業務がはじまる

1875年(明治8年)

板橋村と樋沢村が合併し大明村になる

1879年(明治12年)

佐久は南佐久郡と北佐久郡に分かれる

1886年(明治19年)

南牧村に馬市場ができる

1888年(明治21年)

甲州街道が県道に編入され佐久甲州街道と呼ぶ

1889年(明治22年)

五ヶ村が合併して南牧村となる

1901年(明治34年)

大災害、八ヶ岳崩れる

1903年(明治36年)

南牧信用組合ができる

1905年(明治38年)

佐久にも自動車を見るようになる

1910年(明治43年)

千曲川大洪水

 

大正

馬市場の様子

 南牧村の農業は、新しい時代の幕開けです。軍馬の改良生産、キャベツ、馬鈴薯採取の組合設立、水稲の試作などが行われ、相当の成果があげられました。また、現在の市場地区では馬市がたち、多くの馬や人たちで賑わいました。

 大正4~8年にかけ、佐久鉄道(小海線)が小諸から小海まで開通しましたが、昭和に入るまで南牧村まで鉄道は建設されず、文明の波はまだ届きませんでした。

1916年(大正5年)

海ノ口に消防組ができる

1919年(大正8年)

佐久鉄道、羽黒下~小海間が開通

1923年(大正12年)

関東大震災

 

昭和(戦前)

昭和7年、海ノ口駅周辺※手前に競馬場がみえる
昭和初期の野辺山付近※開墾される前の草原地帯

 昭和10年に小海線が全通し(小淵沢~小諸)、これに伴い新しいSLであるC56が10輌配置され、新しい物流時代の幕が開けました。この年、小さな規模の出荷組合ができ現在隆盛な関西市場向け高原野菜栽培の第一歩を踏み出しました。この時期は、白菜、キャベツ、大根などが作付けされ、白菜を中心に年々生産が増大されました。

 しかし、第二次世界大戦が近づくと政府の施策のため次第に衰退しました。戦前の南牧村の産業としては、農業に加え、タクアン生産、木炭の生産、材木の伐採出荷などがあったようです。このころの農業は今の様にトラクターなどがあるわけではなく、牛や馬の力を借りた人力が主で、相当な困難がありました。機械による開墾は昭和30年代まで待たなければなりません。
 また、この頃、野辺山にある東京ドーム635個分の敷地が国によって買収され、軍の兵舎や訓練施設が建設されました。(詳しくは信州大学作成資料:「野辺山の戦争・開拓資料室」「小学生向け資料」をご覧ください)

1931年(昭和6年)

満州事変はじまる

1935年(昭和10年)

小海線全通(小諸~小淵沢)

1938年(昭和13年)

日華事変おきる

1940年(昭和15年)

ガソリンの欠乏で小海線のディーゼルカー廃止

1941年(昭和16年)

太平洋戦争がおきる、南牧国民学校となる

1942年(昭和17年)

野辺山が東部五一部隊(鉄砲隊)の演習地として900万坪が買収される

 

昭和(戦後)

野辺山高原の開墾のようす※手作業で唐松の根を取り出す
牛車や馬車が交通手段

 太平洋戦争が終わると、野辺山高原の開拓が進みますが、相変わらず人力による開拓作業は困難を極め、加えて寒さの厳しい冬の生活もあり、先人達の苦労は並々ならぬものがありました。その甲斐があり、昭和30年代に入ると野辺山のような高冷地に適したレタスやキャベツなどが生産されるようになり、日本の食文化の変化により食事が洋風化し、需要が増したこともあり、現在にいたるような高原野菜の一大産地へと発展しました。

1946年(昭和21年)

終戦後、野辺山原の入植はじまる

1947年(昭和22年)

野辺山開拓農協が誕生、南牧中学校ができる

1960年(昭和35年)

小海線にディーゼルカーが走る/南牧村商工会発足

1964年(昭和39年)

八ヶ岳中信高原国定公園に指定される

1976年(昭和51年)

国道141号線の海ノ口バイパス開通

1986年(昭和61年)

野辺山バイパス開通

1987年(昭和62年)

野辺山に歴史民俗資料館(現在の美術民俗資料館)ができる

その他のメニュー

mmmロゴダウンロード